コミュニティプランナー/ブランドSEOの先生/BUYMAパーソナルショッパー/時々、ボケる。

現役プレイヤーが大解説!BUYMA(バイマ)は飽和しているのか?今から稼ぐために必要な意識を伝える

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

どうも!浪速のWEB屋、和田(@naoya_naniwa)です。

 

「BUYMAって飽和してない?今から始めても大丈夫なの?」

 

って不安になっているそこのあなた!

 

実はこの手の質問はこれまで100回ぐらい回答しているのですが(マジでそんくらい)

意外とブログには載せてなかったので、

今日はこちらの疑問について答えていきたいと思います!

 

それではいきなり結論からどうぞ!(はえーーー!話がはえええー!!)

 

結論、飽和してない。だけどプレイヤーのレベルは上がり続けている

 

いきなりですが、結論は「飽和していない」です。
みんなの声:(よかったあああ)

 

僕がそう言い切れる理由は3つあります。

 

1、BUYMA(バイマ)を利用するお客さんの数は年々増え続けている

 

これはBUYMAを運営しているエニグモ社が開示している情報なのですが

まず、BUYMAを利用するお客さんの数は年々増え続けていて、ここ4年でも400万人近くお客さんが増えているんですね。

 

直近の1年でも、約100万人近い方が新たにBUYMAに利用者登録されています。

 

100万人って・・・桁が多すぎて意味が分からないですよね。笑

(仙台市の人口が100万人ちょっとだそうです。大阪が260万人ぐらいなので半分いかないぐらいって規模感)

 

また、エニグモ社の総売上も
2018年の第二四半期が166億円に対し、2019年第二四半期は196億円という結果になっているので、売上も好調に伸び続けているということが分かります。

 

詳しくはご本家の資料をご覧いただければと思うのですが、

日本人口は年々減り続けているのに、サービス開始15年ちょいでまだ数字が伸びているのは凄いですよね。

IR情報/株式会社エニグモ

 

 

そして僕自身、2014年からBUYMAを見ていますが

月商100万円以上(利益20〜30万円)を売り上げれている人の数も、この5年ちょっとで倍以上に増えているんですね。

 

これはちょっとしたBUYMAのリサーチツール(もう無いけど)で、全バイヤーの売上を計算したことで分かった数字です。

 

そして僕の周りの100人程度のプレイヤーコミュニティの中でも、実績を出す人は年々増え続けていて、その金額もずっと増えています。

月商200万円以上の人なんて数年前まではすっごいレアだったのですが、今では数百人単位でいらっしゃいますからね。(みんなすごい頑張ってる!)

 

2、BUYMA(バイマ)に登録されるブランドも年々増え続けている

次に、BUYMAが飽和していない(しない)理由として

BUYMAに登録されているブランドの数が永遠に増え続けている点も挙げられます。

 

僕もBUYMAを始めて6年目になりますが、未だに

「え?なにこのブランド。いつの間に増えたの?」

ってなるブランドめっちゃありますからね。笑

 

また、BUYMAはファッション通販サイトなので

アパレルは毎年(というか毎シーズン)必ずトレンドが変わり、売れるファッションやブランドが変わっていくのでその変化に応じてブランドも増えますし、既存ブランド内で需要と共有のバランスも変化し続けるわけです。

 

そして変化するということは、
常にどこかに新しい需要が生まれているということです。

 

そこを狙って攻めていくわけなので、飽和のしようがないんですね。

 

3、1年以上継続できるプレイヤーは100人中20人程度の事実

続いてBUYMAが飽和していない理由として挙げられるのは、

稼げるプレイヤーの顔ぶれも変化し続けているということが挙げられます。

 

どういうことかというと、

2017年時点ではBUYMA活動をしていた佐藤さん、田中さん、鈴木さんが

2019年はBUYMAをやってないってことがめっっっっちゃくちゃあるんですね。

 

『え?でも稼げてるんでしょ?なんで稼げるのに辞めちゃうの?稼げなくなっちゃったの??』

と思った方、そう決めつけるのはまだ早いです。

 

BUYMAに限らず、ビジネスで稼げるようになって辞める理由なんて鬼ほどありますからね。

 

例えば

  • 他のビジネスの方が楽しくなって移行した
  • 他のビジネスで結果を出すために一時的にアカウント休止
  • 引っ越したことにより環境が変わって、他の仕事に移った
  • ある程度貯蓄できたし、出産と育児に集中しようと思って辞めた
  • 元々やりたいことのための資金集めとしてやってたから、資金貯まって辞めた

みたいな理由があります。

(全て僕が今まで教えてきた人の実例です)

 

なので、BUYMAで稼げている人の顔ぶれは絶対に変わるし、
プレイヤーの人数(出品者数ではなく、アクティブなプレイヤー数)が減ることもあるわけです。

 

そしてプレイヤーの顔ぶれが変われば、ブランド毎の需要と供給のバランスは必ず崩れるし、

プレイヤーの人数が減れば、当然そこに穴ができて、お客さんは「待ち」の状態になりますよね。

 

その穴を狙って商品を出品していくと、当然お客さんは「待ちわびてたぞ!」って商品を購入してくださるわけですから、出せる商品は無限に現れ続けるわけです。

 

まとめ:BUYMA(バイマ)は飽和していない。飽和しない

というわけで

「BUYMAって飽和してない?今から始めても大丈夫なの?」

 

というご質問の答えは

「飽和してないし、飽和しない」になります。

 

むしろBUYMAの売上は年々増え続けていますし、今はノウハウが体系化されているので、昔よりも早く・大きな売上を出すことができるようになっていますしね。

 

だから、今からBUYMAを始めるのは選択として大いにアリです。

これは決して僕が先生業をやってるからではなくて、客観的に分析してそう思います。

 

ただ、最初にも言いましたが

プレイヤーのレベルは上がり続けています。

 

BUYMAはまだ飽和こそしていませんが、他のAmazonやYahoo等ECサイト同様に「成熟期」の市場です。

それはいい意味でも悪い意味でも、競争が激化しているということです。

 

分かりやすく言うと

 

バイマは10年前までは、何も考えずに出してても月10万円ぐらいは誰でも稼げました。

 

5年前までは、ちょっと考えて人とずらした出品をしていれば、月50万円ぐらいは稼げました。

 

今は、かなり考えて差別化できた人が月50〜200万円ぐらいの収入を得られています。

 

市場が成熟するっていうのは、競争が激化してゲームの難易度が上がっているってことですが

その分、市場規模も大きくなってるので、正しく実践すれば今まで以上の恩恵が得られるということです。

 

ですので、これからBUYMAにチャレンジされる方は

 

「たかがネットビジネスだろw」

「たかが転売だろw」

 

って考えは一切捨てていただいて、『自分は事業をやるんだ』という気持ちで取り組んでいただければ、未来は明るいかと思います。

 

それでは、今日も頑張っていきましょう!

ではでは。

この記事を読んだ方にはコチラの記事もオススメです

現役のプロバイヤーがBUYMA(バイマ)で月収10万円稼ぐ9ステップをまとめてみた

【完全保存版】BUYMA(バイマ)で出品外注さんを募集する際のポイント全まとめ

和田がBUYMA(バイマ)で月商480万円を達成するまでのストーリー

最短で月収30万突破するBUYMA輸入マニュアル(PDF100ページ以上+動画+音声)を無料で配布しています。

どうも!和田です。

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために

  1. 魅力的なアカウントの作成方法
  2. お客様に選んでいただける出品ページの作成方法
  3. 数万円以上の利益が取れるリサーチ方法5選
  4. BUYMAトップバイヤー達の仕入れ方その全て
  5. 和田がオススメする優良サイト集

などなど、お悩みを解決するための知恵を1冊の教科書にまとめました。

完全無料で配布してますので、まずはこちらの教科書で学んでいただければ幸いです。

BUYMAマガジン画像2

参入後たった1年で2000万円の利益を生んだ
僕の情報発信戦略をあなたに

あなたはブログを書いてもなかなか濃いファンができず、マネタイズに繋がらないと悩んでいませんか?

あるいは、そもそもブログの書き方や、SNS集客に悩んでいませんか?

そんなあなたのために

  1. 好きなことをビジネスにする方法(ピアノ、恋愛、ダンス、ライティング、料理など)
  2. 自分のメディア(集客媒体)を作る方法(SNS、オウンドメディア)
  3. 最も効率の良いオウンドメディア運営方法は、たった2種類の記事を使い分けるだけ
  4. 情報発信ビジネスの全体像~集客からサービス販売、リピート戦略まで~
  5. 僕が平均月間PV数たった1万PVで年商2000万円を達成した方法
  6. 情報発信ビギナーズオーディオスクール(3本。計62分)

などについて100P以上(約45,000文字)に渡って解説しています。

AXIS画像

この1冊で情報発信・WEB集客の全てをご説明しております。

完全初心者~中級者まで参考になる教科書となっておりますので、是非あなたのビジネスに役立てていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Copyright© 和田直也のブログ , 2019 All Rights Reserved.