Live your own AXIS.

【外注さんが離れてしまう人はこれを読め!】結局、世の中「コミュ力」がすべてである。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
BUYMA物販の専門家。2014年からBUYMAでのネットショップ運営を始め、総合売上ランキングではメンズ部門世界6位を達成。その後「自分軸で生きられる個人を増やす」という活動理念の元、コンサルティング・コミュニティ運営・講座運営・セミナーを行い、のべ1700名以上に指導を行う。現在はBUYMAスクール「NEO」、SNS起業コンサル「AXIS」を運営中。漫画が好きすぎて、よく例え話にワンピースが登場する。

こんばんは。

カフェインの取りすぎで昨晩寝ることができず、久しぶりの徹夜で非常に苦しい和田です。

 

今日はコンサルの面談で名古屋に行ってきたのですが、どうにか眠気を飛ばすために面談中にコーヒーを沢山いただいたんですね。

あれ、、、これって・・・

迎え酒ならぬ、「迎えコーヒー。」

 

・・・それではカフェイン中毒者による「中毒ブログ」

今日も行ってみようと思うよ。(なんじゃらほい!)

結局、「コミュ力」である

何度かブログの方でもお話しましたが
今僕、結構な人数の方を個人的に教えておりまして

過去のコンサル生も含めると小さなコミュニティくらいのサイズ感はあります。

で、その中には

バイマやめて他事業に移った人もいれば
メルカリで結果出した人もいれば
ヤフオクで結果出した人もいれば
プレミアムショッパーもいれば
海外ショッパーもいれば
完全初心者の方もいますので

ほんと月収0円~100万円まで、あらゆる層の方と濃ゆく関わらせていただいているんですね。

 

また私、和田直也。

コンサル始まる前は「First Class Sell」という1ヶ月集中教育プログラムをやってました。

これはコンテンツとコンサルがセットになったようなサービスです。

その1期生~3期生の中にも

バイマで月収100万達成した人もいれば、バイマやめてアフィリでバイマ以上の結果を出した人もいれば、逆にまだまだ芽が出てない人もいらっしゃいます。

またまた、僕が昔運営していた「BUYMA salon」という100名弱のコミュだったり、その上位版のVIP ROOMでもいろんな人を見てきましたし

2015年はBUYMA塾のサポートスタッフもやらせていただいていたので、そこでも数十人の方も見ております。

そんな僕が・・・

 

やっと本題くるか?

読者さん(美人想定)

いくぜ。

和田直也

 

そんな僕が思う、

BUYMAで結果出すのに欠かせない要素。

 

っていうか人生の充実感をおもいっきり左右する鬼スキルがあります。

それが

 

コミュ力です。

(いや、タイトルに書いてるやないかーい!)

(さんざん引き伸ばしてそれかーい!)

 

外注さんを病ませてしまうメッセージ

今このブログを読まれているあなたにコミュ力があるのかないのかは、画面の向こう側にいる僕には分かりませんが

仮にあなたが平均レベルのコミュ力をお持ちの方だとするならば、きっとあなたはこのパンドラの箱を開けると「ええええ!!???」と後ずさりするでしょう。

そんな

え、普通そこでそんなこと言わないよね?

っていうデスワードを平気で使っちゃって、爆死してしまっている「コミュ力が欠如してる人」を僕は山のように見てきました。

だからコミュ力あげようぜ!コミュ力大事だよ!というのを記事にしようと思ったんですね。(この記事の主旨)

例えば・・・

 

■事例1:

出品外注さんからしばらく連絡がない。

→「○○さん、家事忙しいですか?」って言っちゃう。

■事例2:

買い付け担当が検品ミスをしてしまった。

→「○○さん、ちゃんと検品してくれましたか?気が緩んでたのなら締めなおしましょう。」って言っちゃう。

■事例3:

お客様から「サイズが少し大きかったのですが・・・」とのメッセージが到着通知前にきた。

→「お世話になっております。○○です。生憎、バイマの規約上、お客様都合での返品は承れません。何卒ご了承ください。」って言っちゃう。

 

そう、こんな具合です。(パンドラの箱でしたね)

こんな具合に、世の中には意外とコミュニケーションが苦手な人が多いってことが、大量のプレイヤー達とお話させていただいたことで分かりました。

 

また、さらに言うと
よくこんな↓お言葉をいただくのですが

「外注さんがなかなか継続してくれません、、」

「外注さんの出品数が全然増えません、、」

「買い付け担当さんがまた離れちゃいました、、」

「またクレームです。。このブランドは扱ったらダメだったのでしょうか?」

↑こういったことを仰っている方はほとんどの場合、「伝え方」に問題があるんですね。

相手のことを考えて言葉を選ぶ必要性

外注さんへの言葉使い、気遣い。
お客さんへの言葉使い、気遣い。

さらに言うなら、、

教えてくれる先生への言葉使い、気遣い。
仲間への言葉使い、気遣い。

ぜーんぶまとめて

「コミュ力」と定義させていただきますが

コミュ力が乏しいがために、努力が結果に現れてない人がこの業界は非常に多いです。

さきほど例として出した

事例1:
出品外注さんからしばらく連絡がない。

→「○○さん、家事忙しいですか?」って言っちゃう。

とかマジでコミュ力の問題ですからね。

いやいや、そんな言い方したら

「え、○○さん最近連絡ないけどどした?忙しいのか?え?家事が?w連絡くらい返せよ。」

と受け取られてしまってもおかしくない。。

 

もしかしたら外注さんも返信したかったけど
なんらかの理由でできなかったケースも考えられるのに

こんな文章を送っちゃったが最後、信頼関係は崩壊するでしょうね。

だから、

 

ご無沙汰しております!○○さん、その後進捗いかがですか?^^
そいやこないだAさんが風邪を引いちゃったみたいで
一昨日からお休みになられてて、私も今朝から咳が出ちゃってるのですが

ここのところマジで寒くて風邪ひかないのが逆におかしいくらいなので
○○さんももし何かありましたらお気軽にご相談いただければと思います。ってことでシーユーアゲイン!

和田直也

 

みたいに連絡した方がいいです。(最後のは僕くらいしか言わないだろう。笑)

 

こういう文章だったら、もし外注さんの健康状態が良好な場合は

「あ、、○○さんこう言ってくれてるけど、これは私が返信してなかったことへのジャブなんだろうな。やばいやばい。ただ忙しくて取り組めてなかったことを返信しとこう!」

となるだろうし

外注さんの健康状態が思わしくない場合は

「あ、、最近寝込んでて○○さんへ返信できてなくて
それが申し訳なくて、なんて返信しようか悩んでたけどAさんも○○さんも体調よくなかったんだ。

(少し言いやすいし)私も体調不良でご連絡遅くなってしまったことを伝えよう。あ~~なにやってんだ私。報連相くらいしっかりしなくては!」

ってなりますよね。きっと笑

 

というか、そもそも

しばらく連絡取れてないのに枕詞?もなにもなく「○○さん、家事忙しいですか?」ってチャットするのは・・・奥さん、、K.Y.ってやつですよ。K.Y.。空気読めってことです。(ちょっと違う)

 

まぁ、でもこういうことを言っちゃう人がすごく多い世界なのです。ネットビジネス業界は。

だから逆に普段会社勤めされている方が副業でも結果出しやすいのかなと。

彼らはコミュ力の塊ですからね。

上司、同僚、取引先・・・

和田では想像もできないような過酷な環境下で、日々「コミュ力」のトレーニングをしているに違いません。(僕の妄想ですが)

 

でも、まともに社会で働いたことがない方や、学生さんや、会社で全然うまくいかなかったからネットビジネスで逆転してやろうとか考えてる人は”コミュ力”が乏しいから「え?なんでそんな言い方しちゃうの?」という文章を送ってしまって、人が離れてしまう。

組織を作ることが成功するための絶対条件である物販ビジネスにおいて、人が離れ続けるというのはほんとに死活問題です。

 

でも、当の本人達は気づけないわけです。悪気もないんですね。

というのも、昔僕自身も外注さんに色々とデスワードを言っちゃっていたのを友達に指摘されてから

やっと、「ああ、確かにこの表現では不味かったな、、」と理解できたタイプですので。

 

誰かに見てもらわないと、自分では自分の言い回しのどこがいけなかったのか?はなかなか分からんのですね。

 

というわけなので

「私大丈夫かな?」

と思ってる方は、ご家族やバイマ仲間や
先生や友達に日頃の外注さんやお客さんとの対応を見てもらったり

「あの人大丈夫かな?」

と気になる方がいるのであれば、その方に意図を伝えて見せ合いっこしたらいいと思います。

コミュニケーションの取り方って他にもスカイプとか対面とか日頃の依頼方法とか雑談でも出るし、ものすごく奥が深いジャンルなのですが、なかなか学ぶ機会もないですからね。。

「コミュ力UP講座」みたいなのあればいいんですが。

 

僕はそれができるほどコミュ力高くないので誰かお願いします!(他力本願)

 

BUYMAで月収20万円以上の在宅アパレルバイヤーを目指せる無料初心者セミナー公開中!

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために、最高の無料動画セミナーを作りました。

是非、最新のセミナーを受け取って売上UPさせてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
BUYMA物販の専門家。2014年からBUYMAでのネットショップ運営を始め、総合売上ランキングではメンズ部門世界6位を達成。その後「自分軸で生きられる個人を増やす」という活動理念の元、コンサルティング・コミュニティ運営・講座運営・セミナーを行い、のべ1700名以上に指導を行う。現在はBUYMAスクール「NEO」、SNS起業コンサル「AXIS」を運営中。漫画が好きすぎて、よく例え話にワンピースが登場する。

Copyright© BUYMA専門家和田直也のバイヤーブログ , 2024 All Rights Reserved.