コミュニティプランナー/ブランドSEOの先生/BUYMAパーソナルショッパー/時々、ボケる。

Twitter集客ノウハウを活用してBUYMA(バイマ)にお客さんを117人呼び込んだ方法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

どうもこんばんは。

先日、名古屋セミナーを開催した後
「君の名は」を見たのですが
それも発信できていないことで有名な和田です。

↓ちなみに写真はこちら!(って上半分福岡ですがw)

元々、君の名は。を見て
圧倒的解釈を記事に書くことで

「おー。やべー!」
「和田の視点やべー!」

って世間に言わしめるために見たのですが(おい)

本格的に酔った中で視聴したので
内容ほぼ覚えておらず・・・。

 

それでも少しだけお話すると
映画を見た後、ここ数年感じたことがない

「なんだこれは・・・なんなんだこの映画は・・・(感動涙目やるせない)」
という気持ちになったことは覚えています。

また、少し爆発した要因を考えてみると

純粋にシンゴジラの後に出したという点と
(あれの後に出すということで
起こりうる現象まで想定していたとは思えませんが)

アニメーション映画という点と

僕は詳しくないですが、制作に関わった人が
SNSでその映画をシェアしたい層が好む
作品を手がけている人らしいんで

その辺も絡めてSNSでのバズ自然発生を狙って
上手くいったんだろう的なことは思います。

ちょっと分かり難いと思いますが
【関係性マーケティング】って
言葉を使うと分かりやすいかなと。

口コミを起こして身近な人が
見にいく連鎖が起きないと

物も映像もサービスも売りにくい
この時代にここまでヒットする映画なんて
中身をどうこうしただけでは作れませんからね。

・・・って

このままでは「君の名は」について
1記事書かないといけない流れになりそうなので

主人公の名前も思い出せない和田は
早急に本題へ逃げます。

Twitter集客→BUYMA(バイマ)の話

0120050000

最近こういう話を書いてなかったので
久しぶりにノウハウ多めでいきます!

まず、僕がこれをやろうと思った
理由についてですが

・・・1年前くらいにとあるアカウントが
出品直後に外部から50~100の
アクセスを流して、毎日数百ずつアクセスが
増えているのを見かけたんですね。(白目)

そこで僕は皆さんが今考えたのと同じように

  1. アクセスを自動で流せるツールを使っている可能性
  2. 広告を回している可能性
  3. トレンドブログから流している可能性
  4. Twitter or Instagram or Youtube等から送ってる可能性
  5. IPを量産して安い海外の外注さん雇ってアクセスさせてる可能性

などを考えて、
どれをやってるかまでは
分からんかったので調べることにしました。

で、これも今皆さんが思ったのと同じく

  1. 広告運用の知識無いから、それを調べるのめっちゃ面倒くさい・・・
  2. トレンドブログ作って検証するの面倒くさい・・・

ってわけで、とりあえず簡単な
ツールとSNS集客の可能性を調べることに。笑

後でご説明しますが
そこでいくつか簡単な
外部SNS集客方法を思いついて

1日アクセス50~100流すのも
遠い話ではないというのが分かったので
この件はここで追うのをやめました。

ツールで集客する方法もあるにはあるけど

ちなみにツールに関しても
おそらく事務局的にも
認めざるを得ないであろう、

全うなロジックで人を集められる
ツールを見つけたのですが

僕のバイマコンセプトとして
できるだけ小さな外部企業に依存しない形で
仕組み化させるというものがあるので
こちらのツールは使わずに封印しました。

単純に、BUYMAで商売をしている以上
エニグモより大きな会社のサービスを使うことはあっても

それ以下の規模の会社には
なるべく攻め手を依存させない方が
リスクを下げてアカウントを運用できるからです。

※つまりフェイスブックなんかが
アクセス流せるツール作ったら
僕は余裕で利用すると思われる。笑

僕がTwitterに目をつけた理由

で、先ほど思いついたという
外部SNS集客ってのが

「Twitter集客」です。

なんでTwitterかというと
フェイスブックに比べて拡散が
起きやすい印象だったから。笑

ほら、フェイスブックって
基本実名制なのでシェアしにくいですよね?(僕の感覚ですが)

一方でTwitterは気軽にリツイートで
拡散してもらえます。

フォロワーも比較的集めやすいし
投稿も自動化できます。(ボットってやつ)

ゆえに、

仕組み化がしやすい。ってことです。

起業家たる者、全ての業務は
最初から仕組み化を想定して
それがしやすい物を選ぶべきだと思っております。

勿論、今ならinstagram(インスタグラム)を
使ってもいいと思いますし
僕も今試験的にやってたりしますが

当時はinstagramに対する知識が
乏しすぎたので、まだ分かるTwitterを選びました。

では、どうやってTwitterからBUYMAに人を集めるか

で、どうやって集客するのよ!
私も自分の商品をTwitterでシェアして
アクセス集めるくらいはしてるわよ!

読者さん(美人想定)

あー。。

(それただ自己中な広告やん・・・)
(誰がそんな投稿見るねん・・・)
(それアクセス集まってるのかちゃんと解析してるんかい・・・)

和田直也

ん?

読者さん(美人想定)

あ、なんでもありません。笑

和田直也

ポイントとしては

「シェアしたい」
「クリックしたい」

って思ってもらえるような投稿に
アクセスを集めたい商品のリンクを
混ぜるという感じです。

ただただ出品ページに付いている
Twitterシェアボタンを押して
自動で生成される文章のまま投稿しても
そんな投稿誰も気になりませんからね。

※勿論、それでもシェアはすべきです。
そんな投稿でもSEO関係で
得られる効果があるので。

ただ、これを話し出すと
まためっちゃ長くなるので
他の機会にお話しますね。

ターゲットに適したアカウント作りをしよう

で、もう1個重要なのは

シェアしたい投稿(ここでいうと
アクセスを集めたい商品の出品ページ)に
反応してくれる可能性が高いフォロワーを
日頃から集めておくということです。

具体的に言うと、

一つコンセプトを決めて運用しましょう。

例えば海外セレブの最新ファッションと
セレブの情報をtweetするアカウントを作って

ルーティンで取り扱うセレブを
自分の出品と相性のいい商品を
よく持っているセレブに限定するなど。

scarlett_johansson_in_red_dress-wallpaper-1920x1080

また、これに関しては
外部の情報サイトを
インプット媒体としてマークして

外注さんにそれを見ていただき
ツイートしていただく流れを
仕組み化させてしまえばOKです。(簡単だYO)

それをある程度続けていると
反応がよく出るパターンが見えてきますので

そういった投稿は少ない頻度で
定期的に発信できるように
ボットを使って仕組み化させてしまいましょう。

あとはハッシュタグや
バズが起きやすい人物を
どれくらい使うかもポイントなのですが

またしても話しが長くなりすぎるのと、

喋りすぎるとこの手法が
バイマで言う薄利多売みたいにスタンダードになって

もっと頭捻らないと使えなくなるので
ノウハウを荒らさないように黙っておきます。笑

(まぁ、そうなっても他の切り口や
他の媒体に移っちゃえばいいのですが。)

最も重要なことは「すぐやる」ということ

というわけで、

こんな感じでTwitterを使えば
出品直後に数件~数十件のアクセスを
流すこともできたりします^^

僕は最高で117アクセス流したことがあります。
※4月10日に記事振り返ったら400超えてました。

今のところ特に特別なことはやらずとも
みんな面倒でやらない部分ですので

ツイッター、Google+
オウンドメディア、LINE@
Instagramなどなど

「いつかやろうリスト」

としてストックしている方は
そろそろ重たい腰をあげて
取り組むようにしてくださいね。

すっごい軽い言葉ですが

”ビジネスはスピード”

っていうのは
間違ってないと思います。

使えなくなる前に
使い倒せばいいんじゃないかと。

もちろん、最優先でやるべきことは
こんなことより出品・仕入れの仕組みを作ることなんで

まだそこ終わってない方は
年内に作り上げるつもりで
はりきっていきましょう~!

じゃあ今日はこの辺で。

ではでは。

 

↓参考にどうぞ。

ツイッターで集客する方法

 

【追伸】ブロガーって本当に稼げない・・・

先日から業界では知らない人はいない
著名な方のコミュに入ったのですが

その方自身は大きく稼いでいらっしゃるのですが
それ以外の方々の収益が

「え!!??」

ってなるくらい低いんですね。

彼らは情報教材を買って
学ぶという価値観が無いので

独自の感覚でブログ運営と
マネタイズしているっぽいのですが

主なマネタイズには

  1. トレンドブログ&アドセンス
  2. 低単価商品アフィリ
  3. オンラインサロン運営
  4. 広告枠の提供
  5. アマゾンアソシエイト

などを使われていて
月収5万以下が大半。

30万いったら

やべーーー
まじでハンパねーーー

で、100万超えるとか
もう神なの?って基準値らしいんです。

・・・・と、ここまで言うともう
意図は分かったと思うのですが

地方でエクセルやワードを教える
パソコン教室が健全な事業として
成り立つのと同様に

基本的にビジネスは「情報格差」によって生まれます。

例えば僕がSEOに関する教材を買ったり
輸出の教材買ったりするのも
情報格差によるものです。

バイマで海外買い付けすると
高値売りができるのも

海外にはその商品の在庫が残っていて
海外に担当を作ればちゃちゃっと買えることを
”知らない”あるいは”できない”人が大半だから
高くても買ってくださるわけですね。

情報があれば今より理想の未来に辿り着くまでの
時間を短縮できることを認知はしているけど

その情報自体は知らないので、知るためにお金を払う。

サッカースクールに月謝を支払うのも
そろばん塾に月謝を支払うのも
オンラインサロンに月謝を支払うのも
コミュニティに月謝を支払うのも

その先にある理想を早々に実現するため
知らない情報を知るために
お金を出して買っているわけですね。

勿論、今の時代、売り手は
そこにさらに「体験的価値」
ご提供できた方がいいです。

「情報のご提供」だけでは
その情報が相当高いレベルでない限り
教えれる人が増えて、競合して収益目減りするので。

ですが、ちょっとしたズラしを行えば
別にそこまでやらなくても
先ほどの例のように情報単体で
十分ビジネスになったりもします。

「私には他の人にお金をいただいてまで
教えられるほどの情報なんて・・・」

って感じるお気持ちも分かりますが

お相手の方と同じ目線になってみると
むしろそんな高度な情報ではなく

些細な情報を欲しているケースは
沢山ありますので

自分視点ではなく、常に顧客目線で

「自分に何ができるか?」

を考えるのが大切です^^

僕もまだまだそこが足りてないと思います。

初心忘れるべからず。ですねー。

最短で月収30万突破するBUYMA輸入マニュアル(PDF100ページ以上+動画+音声)を無料で配布しています。

どうも!和田です。

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために

  1. 魅力的なアカウントの作成方法
  2. お客様に選んでいただける出品ページの作成方法
  3. 数万円以上の利益が取れるリサーチ方法5選
  4. BUYMAトップバイヤー達の仕入れ方その全て
  5. 和田がオススメする優良サイト集

などなど、お悩みを解決するための知恵を1冊の教科書にまとめました。

完全無料で配布してますので、まずはこちらの教科書で学んでいただければ幸いです。

BUYMAマガジン画像2

参入後たった1年で2000万円の利益を生んだ
僕の情報発信戦略をあなたに

あなたはブログを書いてもなかなか濃いファンができず、マネタイズに繋がらないと悩んでいませんか?

あるいは、そもそもブログの書き方や、SNS集客に悩んでいませんか?

そんなあなたのために

  1. 好きなことをビジネスにする方法(ピアノ、恋愛、ダンス、ライティング、料理など)
  2. 自分のメディア(集客媒体)を作る方法(SNS、オウンドメディア)
  3. 最も効率の良いオウンドメディア運営方法は、たった2種類の記事を使い分けるだけ
  4. 情報発信ビジネスの全体像~集客からサービス販売、リピート戦略まで~
  5. 僕が平均月間PV数たった1万PVで年商2000万円を達成した方法
  6. 情報発信ビギナーズオーディオスクール(3本。計62分)

などについて100P以上(約45,000文字)に渡って解説しています。

AXIS画像

この1冊で情報発信・WEB集客の全てをご説明しております。

完全初心者~中級者まで参考になる教科書となっておりますので、是非あなたのビジネスに役立てていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Copyright© 和田直也のブログ , 2016 All Rights Reserved.