コミュニティプランナー/ブランドSEOの先生/BUYMAパーソナルショッパー/時々、ボケる。

【解説】新年だ。さぁシナジーマップを作ろう【ビジネス海の航海図】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

新年あけましておめでとうございます!

和田(@naoya_naniwa)です。

 

最近はメルマガを毎日書いたり、
コミュニティに記事投稿したり、SNS更新はしていたのですが
ブログでは久しぶりの更新になります。

 

皆さま、お正月はいかがお過ごしでしょうか?

 

僕は1億と2000年ぶりに香川の実家に帰省していたのですが

結論から言うと、親族が癌になりまして(しかも2人…)それが気がかりで帰省しておりました。

 

話を聞いたところ重くはないようなのですが

これからどうなるかわからないですし、今年は更に万丈な仕組みを整えていこうと思います。

 

【解説】新年だ。さぁシナジーマップを作ろう【ビジネス海の航海図】

さて、そんな仕組み作りために、まず必要なことが

 

「どこからどこまでを和田自身がやって」
「どこからどこまでを誰に任せて」
「全てのチャンネル(お仕事)の連鎖性をどう作るのか」

 

を考え抜く、ということです。

 

逆に、今の僕が一番やっちゃいけないのは

それぞれの事業が、孤立しちゃって、事業Aの成長が事業Bに連鎖しない状況の中、走っちゃうこと。

(初心者の方は別ですよ。最初は連鎖も何もないので、一つのビジネスに全エネルギーを注ぐべしです)

 

あーごほんっ。

 

分かりやすく言うとだね。(なんで急に校長キャラ)

 

BUYMAめっちゃ頑張って、
Twitterもめっちゃ頑張って、
ブログもめっちゃ頑張ってるのに

BUYMAの頑張りがTwitterに生きなかったり、
ブログの頑張りがBUYMAに生きない状況を

僕らは絶対に作ってはいけない、ということです。

 

なぜか?

 

僕らの手数は限られているからです。

 

資本無いですし、社員もいません。

すべてに自分の時間(命)をモロに注ぐのに
連鎖しないものを単発でやるのはシンプルに、効率が悪い。

 

みんな同じ24時間にもかかわらず、
ジョブズは伝説になり、西野さんは革命児と呼ばれ、
自分は日の目を見ない…なんてことになる原因は

”設計図の作り込みの甘い”

としか言いようがないわけです。

 

(ちょっと大袈裟に言いましたが、彼らの成長率を自分事だと思えば、そうとしか言えなくなりますよね。

”事業をやっている”という括りでいうと僕らも彼らも同じわけですから。)

 

ビジネスの設計図の作り方。シナジーマップとは?

例えば、先ほどのBUYMAとTwitterと
ブログの相関図で言うなら

 

1、BUYMAで実績を出して、Twitterではそれを権威性としてポジションを取る。
(BUYMA→Twitterにエネルギーを送ってるイメージ)

 

2、Twitterで高めた影響力をブログに流す
(Twitter→ブログにエネルギーを送ってるイメージ)

 

3、ブログでマネタイズし、稼いだ売上をBUYMAに投下!(在庫やツール作成など)
(ブログ→BUYMAにエネルギーを送ってるイメージ)

 

みたいなことです。

 

今のはただの一例に過ぎませんが、自身の手掛けるものが増えてきたなら

”それぞれのお仕事が、それぞれお仕事をを補い合う関係にするためには、どういう接続の仕方をしたら良いか?”

を諸葛孔明のごとく考え抜いて(諸葛孔明知らんけど)、設計図を作ってからGOした方が効率が良いわけです。

 

これはキングコング西野さんの言葉を借りると、『シナジーマップ』を作るということになります。

参照:【なんじゃコリャ!?】キンコン西野のビジネスの設計が変態的すぎる!

 

すべてのお仕事間にシナジーを生む

僕は年末年始、ここに全てのエネルギーをかけておりました。

 

2018年、2019年の僕はそれぞれの媒体、事業の接続が甘くて、

”Aに力を入れたら、Bが下がる。”という状態だったんですね。

 

例えば、メルマガに力を入れたらブログの記事更新が滞って、PVが落ちていくみたいな。うぬ~~

 

これは要は、バケツに穴が空いているのに
上からドバドバと水を注いでいるイメージです。

働けど、働けど、拡張していかないっていう。。
(僕はまだまだ意識していた”つもり”だったのです…)

 

迷いまくりはじめた当初は
一時的に、「選択と集中」をしようとも思ったのですが

 

「いや、まてよ。世の中には俺より100倍多忙でも
全部の仕事が拡大し続けている人がいるじゃないか。
その理由を掘り下げて見つけねば!」

 

となって、あーでもないこーでもないと考えて、

今日の話に行きついて、マップを書いてって、やっといい感じに収まってきました。

 

60%~70%ぐらいはイメージが定まってきたので、あとは走りながら調整していきます。

どっちにしろ完璧なんてものは自分が成長している限り、一生やってこないので、当てにしない質です。

 

まとめ:シナジーマップを作ろう!

ってことで新年1通目からわーーとお話してきましたが

 

すべてのお仕事を孤立させることなく、仕事AとBとCとDがそれぞれ補完関係にあって

どこにエネルギーを注いでも、それが全てのお仕事のレベルアップに繋がっていく・・・

 

そんな『シナジーマップ』を、やることが増えてきた個人事業主・経営者の方々は、是非作っていただけたらと思います!

 

【本日のアクション】

シナジーマップを作ろう!

 

それでは、また!

 

【オススメ】さらに具体的なBUYMA&WEBマーケティングのノウハウもE-bookにて無料配信中です。(計8万文字+音声) 

 

 

関連記事:BUYMA(バイマ)転売で効率良く稼ぐ方法【月収30万円超えを50人以上排出しました】

関連記事:【シンプル】メルマガで稼ぐ仕組みは3つだけです【配信歴5年】

最短で月収30万突破するBUYMA輸入マニュアル(PDF100ページ以上+動画+音声)を無料で配布しています。

どうも!和田です。

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために

  1. 魅力的なアカウントの作成方法
  2. お客様に選んでいただける出品ページの作成方法
  3. 数万円以上の利益が取れるリサーチ方法5選
  4. BUYMAトップバイヤー達の仕入れ方その全て
  5. 和田がオススメする優良サイト集

などなど、お悩みを解決するための知恵を1冊の教科書にまとめました。

完全無料で配布してますので、まずはこちらの教科書で学んでいただければ幸いです。

BUYMAマガジン画像2

参入後たった1年で2000万円の利益を生んだ
僕の情報発信戦略をあなたに

あなたはブログを書いてもなかなか濃いファンができず、マネタイズに繋がらないと悩んでいませんか?

あるいは、そもそもブログの書き方や、SNS集客に悩んでいませんか?

そんなあなたのために

  1. 好きなことをビジネスにする方法(ピアノ、恋愛、ダンス、ライティング、料理など)
  2. 自分のメディア(集客媒体)を作る方法(SNS、オウンドメディア)
  3. 最も効率の良いオウンドメディア運営方法は、たった2種類の記事を使い分けるだけ
  4. 情報発信ビジネスの全体像~集客からサービス販売、リピート戦略まで~
  5. 僕が平均月間PV数たった1万PVで年商2000万円を達成した方法
  6. 情報発信ビギナーズオーディオスクール(3本。計62分)

などについて100P以上(約45,000文字)に渡って解説しています。

AXIS画像

この1冊で情報発信・WEB集客の全てをご説明しております。

完全初心者~中級者まで参考になる教科書となっておりますので、是非あなたのビジネスに役立てていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Comment

  1. […] 【解説】新年だ。さぁシナジーマップを作ろう【ビジネス海の航海図】 →https://www.worldbuyersshop.jp/wp/synergy-map […]

  2. […] 【解説】新年だ。さぁシナジーマップを作ろう【ビジネス海の航海図】 https://www.worldbuyersshop.jp/wp/synergy-map […]

Copyright© 和田直也のブログ , 2020 All Rights Reserved.