コミュニティプランナー/ブランドSEOの先生/BUYMAパーソナルショッパー/時々、ボケる。

直感(感性)派だった僕が論理的な思考をできるようになった話

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

こんばんは!和田(@naoya_naniwa)です。

 

それでは今日は、最近よく「和田は理論の人だ」と言われている僕が
実は元々「感覚(直感)の人」だったという話をさせていただこうと思います。

 

というのも、僕が理論型だと思われていることで
やっぱり「私、論理派じゃなくて直感タイプだから結果出ないのかもな…」と思う人が多いんですよね。

 

確かに、ビジネスに論理思考力は必要なのですが
それは別に能力の問題ではなくて、場数の問題だったりします。

 

実際、僕も元々感覚(直感)タイプの人間で今もその要素があるのですが

「理論の人だ」と思われるぐらい思考力が身についてたりしますから。

 

つまり、思考力というのは後天的に身につけていくことができるし

最初は感覚から入っても結果を出すことはできるんですね。(とあることをすれば)

 

というわけで、これから実際に、僕の例をお話したいと思います!

 

感性(直感)派だった僕が理論的な話をできるようになった理由

「理屈なんて、、、だいっきらい!!」

 

そんな和田少年が最初にハマったものは「合唱」

 

それまでの人生、特にこれといったハマることがなく悶々と生きてきた和田少年(14歳)は
中学に入った時に、合唱に出会いました。

 

きっかけは
「合唱部少ないから兼部しない?」
という友人からの招待。(当時の和田はサッカー部)

 

正直、最初は

「え?合唱??(いや~~なんかダサくね?)」

なんて拒否反応もありました。(サッカー部あるあるw)

 

ただ、どういうわけか
「ここで断るのは主人公っぽくない」と思って、飛び込んでみたわけだ…が…

 

これがめちゃくちゃおもしろかった。

 

サッカーとはまた違う、
”感性”の部分で勝負できる気がして
その「ノリ」が僕には心地良かったんです。

 

合唱部を兼部するようになってからは

合唱のあまりの楽しさに、小学校4年生から続けていたサッカーには全く身が入らなくなり

合唱部の週7の朝練と、放課後の練習が僕の学生生活の楽しみになりました。

 

ちなみに僕がいた合唱部の先生は
かなり本質的な話をしてくださったのですが、昔仰っていたのは

「歌う時はまず、その曲の背景をイメージしろ」と。

(これ中学生に言うことか・・・?w)

 

徹底的に曲を聴いて、なぜここでこの音なのか

なぜここでこの歌詞なのか、その意味を考えなさい。

ということを永遠と言われたんですね。

 

そしてやらされる強制アウトプット。笑

 

先生「じゃあ和田!ここの歌詞。
これは誰に向けて、何を伝えようとしてる?」

和田「え、えーとここは…汗」

 

・・・当然、死ぬほど恥をかきました。

 

でも、このワークのお陰もあってか、国語の成績が一番良かった。

 

高校でストリートダンスに出会い感性の世界を広げた

そんな日々を送りながら中学を卒業。

 

高校に入ってからはサッカーも合唱(そもそも部活が無かった)を辞め、
テニプリの越前みたいになりたいという不純な動機でテニスを始めたのですが

これが自分にあまりフィットせず、半年で辞めて出会ったのが「ストリートダンス」でした。

 

ここで僕はやっと、自分のタイプがわかったんです。

「ああ、自分は感覚の人間なんだな」と。

 

サッカーやテニスといったスポーツをやっていた時も勿論、楽しかったしあれはあれで良かったのですが

合唱やダンスのような「直感」や「感性」というものをベースにアウトプットするものの方が

心の底から充実感を感じられて、魂が震えるような時間を過ごせていたんですね。

 

「没頭」という言葉がありますが
あの頃の僕は本当に、ストリートダンスに没頭していました。

 

うまくなるためじゃなくて、
ただただ自分が気持ちよくなるために、ですが。笑

 

ちなみにストリートダンスと
ショーダンス(コンクール系のやつ)の大きく違う点は

 

ショーダンス(ケース)は
「決まった曲を、決まった振り付けで踊る」に対して

ストリートダンスは
「その場でかかった曲で、アドリブで踊る」ということ。

 

つまり、完全なる感性の世界なわけです。

完全感覚ドリーマー、和田です。(one ok rockさんごめんなさい)

 

勿論、技術面で体系化されたノウハウはありますし、
ダンスバトルで勝つための方法論も理論的は存在したりはするのですが

 

とはいえ、本質は「自分の感性から出た踊りが、どれだけユニークか」なんですね。

 

そこに、テクニックだったり、ファッションだったり、基礎力だったり、音取り(流れている音楽に合わせて踊ること)だったりが掛け合わさって、総合的なダンス力になるわけです。(和田調べ)

 

だからこの、感性が重要視されるという世界が僕にフィットしたんですね。

 

どれぐらいフィットしたのかというと

サッカーやテニスの自主トレは一切やろうと思わなかったのに、ダンスの自主トレは無限にできたぐらい。笑

 

感性を”見える化”するというのが本当に楽しくて楽しくて。

 

そして、そんなダンスにハマった高校時代を終えた和田は

自分にフィットするものが「感性」の部分にあるとわかっていつつも

 

なぜかシステムエンジニアに憧れてIT系の専門学校に行ったり、

居酒屋のアルバイトをしたり、

パ○ンコをしたりと彷徨ったのですがw

 

バイマと情報発信に出会って、本当の意味で「理論と感性」について理解することができたのです。

 

バイマと情報発信も最初は感性で戦った

結論からいうと、僕がバイマで最初にブレイクできた理由は

それまでやっていた人気順リサーチを一旦ストップして、雑誌と店舗リサーチにコミットしたからです。

 

つまり、雑誌や店舗でのインプットから得た気づきを
自分なりに「こうなんじゃないか?」と仮説にして、それを出品していくことで
ライバルと競合しないアカウントになって、売れたわけですね。

 

そしてその後は、しばらくそれを
自分の勝ちパターンとして使っていました。

 

その後、僕がバイマの市場を徹底的に研究して、
データを見れるようになったのは

感性による出品で得た経験値(つまり販売経験)によって
ライバルがやっていることがなんとなく分かるようになったからです。

 

最初はどれだけリサーチしてても見えなかったのに、経験が備わったから見えるようになったのです。

 

また、情報発信でもこれはそうで

 

僕が情報発信で、一気に影響力が増えたきっかけとなったのは

僕が理詰めのノウハウ記事ではなく、感性を表に出した、いわば「感情丸出しの記事」を書くようになったからです。

 

要するに、オピニオン的な記事ですね。(マインド系記事とも言う)

僕の場合、Facebookの投稿のほとんどがそれです。

 

そうやって感情を言語化するようになってから
徐々に、それに共感してくれる読者さんが集まるようになったので

「あ、やっぱり自分はこういう切り口で発信した方がいいんだ」

と思って、今度はブログでふざけるようになりました。

 

冷たい女性キャラを登場させて、その女性にしばかれるネタ記事を書いたり(笑)

 

誰が冷たい女性キャラだって・・?

読者さん(美人想定)

 

高値売り将軍薄利多売将軍とかいう謎なキャラを登場させて

それらと一緒に対談記事(全部和田)を書いたりして、エンタメ性を持たせた結果、読者さんが増えて影響力が増したのです。

 

だから、バイマにしても情報発信にしても

僕は感性での取り組みによって経験を身につけて
その後、理論も突き詰めていったから

今のような「和田は理論タイプ」というイメージができたわけです。

 

でも、実際は違ってて(笑)

 

理論型の和田なんて後付けというか、
なんかいつの間にかそう思われているだけなんですよ。

 

僕の人生は

  • 合唱(感性)
  • ダンス(感性)
  • バイマ(最初は感性)
  • 情報発信(最初は感性)

ですからね。

 

勿論、今では理論を突き詰めるのも好きですし、得意な方ですが

それはビジネス歴が長いから、必然的に論理思考力が伸びているっていう感じで、元々僕は感覚派の人間なのです。

論理思考に才能は要らない。実践で身につけられる

というわけで冒頭の結論に戻りますが、
今日僕が伝えたいことは一つで。

 

「私は論理的に考えるのが苦手だから」とか

「和田は論理的に考えられるから別」とか言う人がたまにいますが、それは違ってて。

 

論理思考力なんてものは、後天的に身に着けるものです。
別に才能はいりません。

 

確かに、元々理論タイプの人はいますけど
感覚派の人であっても、ビジネスで結果を出すぐらいの
論理思考力は全然身につけれるわけです。

 

これは僕が良い例で、僕は元々論理思考力が全くなかったので、バイマでも感覚勝負の土俵で最初は戦ってましたからね。

勿論これは情報発信も同じです。

 

そこで売上を出していって、ビジネスの経験値がついたから論理思考もできるようになって、感覚も理論もどっちもいけるようになったって感じなので。

 

だから、皆さんが今の段階で
論理思考ができないとかはどうでもよくて。

 

それは今から鍛えられるものですし、むしろ別に論理思考がちょっと弱くても感性が豊かならば、バイマにおいてもライティングや画像加工で勝てます。(BUYMAではこれは「高値売り」という戦略の一部になります)

 

勿論、元々論理思考力が強い方は、効率的なリサーチを追い求めていったり、ライバルの仕入先を分析しまくる道があります。(こっちの方が転売的には王道ですしね)

 

情報発信でも勿論、感覚型で攻めるのは有効です。

 

むしろ最近はノウハウ系の記事を論理的に説明するだけのおもしろくないブログが増えているので

皆さんの感情丸出しの、感性を出した発信(つまり世界観型ブログ)をすれば読者さんは付いていきますからね。

 

そして経験値を身につけながら論理思考力も身に着けると、二刀流になれます。

 

僕がここ数年、ずっと発信しているテーマの一つが「二刀流になろう」というものです。

 

バイマでいうならそれは

・ビジネスバイイング

・ファッションバイイング

の関係だったり

 

・人気順リサーチ

・トレンド追いリサーチ

の関係だったり

します。

 

ブログの文脈ですと

・オピニオン記事

・ノウハウ記事

ですね。

 

サイトの文脈でいうと

・世界観型のブログ

・SEOブログ

ということになります。

 

コンテンツビジネスの文脈ですと

・コンテンツ

・コンテクスト

という関係になります。

 

どっちが良いとかではなく、究極はどっちもいけるように統合していくことで。

それには「自分がどっちのタイプか」は関係なくて、まずは自分のタイプに合った戦略から伸ばしていって、もう一方を後から育てていけば良いのです。

 

というわけで、感覚で生きている方も全然道はありますので

和田みたいに感覚を生かした戦略から極めていくと良いですよ!

 

そして今日みたいな本質的な話を鬼のようにやっていく講座が

現在僕が運営している「Essential Basic」というBUYMAオンライン講座になります。

 

本質を徹底的に突き詰めて、ノウハウを使いこなせるようになりたい方は是非。

 

【Essential Basic】
https://abptu.biz/brd/archives/meoqfp.html?s=5&u=755

(2年に1度ぐらいしか募集していないのですが、現在は公開中です!)

 

p.s.参加者の方からの一言をご紹介します!

※沢山いて全員取り上げれないので、ランダムに紹介させていただきますね!
(個人が特定できそうなところはモザイクしています)

 

バイマを始めるなら和田さんに教わりたいとずっと思っていて、初心者から始められる企画を待っていました。
BUYMAを始めたくていろいろなメルマガを読んでいますが、和田さんのものが一番腑に落ちるというか・・・尊敬してます!Freelyの今シーズンはハードルが高くて申し込めなかったので、この企画は本当にうれしいです。一生懸命勉強させていただこうと思います。
お世話になります。 とにかくビジネスの本質を知って稼ぎたい!行動したいです。 和田さんの考えさせる講座のスタイルが本当に自分のためになる財産になると思ってます。 よろしくお願いします。

 

お世話になっております。 Aです。
和田さんのはじめてのBUYMAセミナーに妊婦で参加した以来の参加です。

あの頃からBUYMA市場も大きく変わり
流れに中々ついていけない自分がいます。

目先のノウハウに囚われビジネスのベースとなる考え方ができていないのが原因かと思っていたところ、今回のレターを読んでBUYMAの方はもちろんビジネスの根本的な考え方を学ぶ良い機会だと感じ、自分へのクリスマスプレゼントにお財布を買うことをやめ、自分への投資をクリスマスプレゼントにするとこにして参加しました!

これから良いご報告ができるようたくさん学ばせていただきます。 よろしくお願いします。

 

関連記事:【27歳になりました】モチベーション維持のコツは自分がやっている仕事の意味を理解することです【もう下がらない】

関連記事:『貯金もスキルも無しで独立』一度も就職せずにフリーランスを3年やった僕が感じる8つのコト

最短で月収30万突破するBUYMA輸入マニュアル(PDF100ページ以上+動画+音声)を無料で配布しています。

どうも!和田です。

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために

  1. 魅力的なアカウントの作成方法
  2. お客様に選んでいただける出品ページの作成方法
  3. 数万円以上の利益が取れるリサーチ方法5選
  4. BUYMAトップバイヤー達の仕入れ方その全て
  5. 和田がオススメする優良サイト集

などなど、お悩みを解決するための知恵を1冊の教科書にまとめました。

完全無料で配布してますので、まずはこちらの教科書で学んでいただければ幸いです。

BUYMAマガジン画像2

参入後たった1年で2000万円の利益を生んだ
僕の情報発信戦略をあなたに

あなたはブログを書いてもなかなか濃いファンができず、マネタイズに繋がらないと悩んでいませんか?

あるいは、そもそもブログの書き方や、SNS集客に悩んでいませんか?

そんなあなたのために

  1. 好きなことをビジネスにする方法(ピアノ、恋愛、ダンス、ライティング、料理など)
  2. 自分のメディア(集客媒体)を作る方法(SNS、オウンドメディア)
  3. 最も効率の良いオウンドメディア運営方法は、たった2種類の記事を使い分けるだけ
  4. 情報発信ビジネスの全体像~集客からサービス販売、リピート戦略まで~
  5. 僕が平均月間PV数たった1万PVで年商2000万円を達成した方法
  6. 情報発信ビギナーズオーディオスクール(3本。計62分)

などについて100P以上(約45,000文字)に渡って解説しています。

AXIS画像

この1冊で情報発信・WEB集客の全てをご説明しております。

完全初心者~中級者まで参考になる教科書となっておりますので、是非あなたのビジネスに役立てていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Copyright© 和田直也のブログ , 2019 All Rights Reserved.