コミュニティプランナー/ブランドSEOの先生/BUYMAパーソナルショッパー/時々、ボケる。

高知の旅館で激臭のカツオ食べたらおばあちゃんと一戦交えることになった話「おばあちゃんリターンズ」

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

 

 

あの日僕は大人になった。

 

 

世界一雑なプロローグ終わり。(おい)

 

 

 

どうも!和田です。

行ってきましたよ!7年ぶりの高知!

 

 

そして行ってきましたよ!

我が地元、香川!

 

 

そしてここ数日でオンラインコンサル10数件と、対面コンサルを2件やってきました!

そして今日大阪は花火大会なのですが、スタバで華麗にタイピングしています。

 

だれか花火誘ってください。ヘルプミー。

 

って感じなのですが、

えーっと、これはどこからどう手をつければいいんでしょうか。(棒)

 

ここんとこ更新サボってたツケですね~苦笑

 

サボるとアウトプットがぎこちなくなります。

なんの法則か知りませんが。(教えて偉い人)

 

まぁそんなこと言ってても仕方ないので、とりあえず始めるのですが(30分後の俺に期待)

 

今回、高知にはコンサル生の面談を行うために行ってきました

 

ANAの国内線でビューんって行ってきたんですけど

 

実は難波から伊丹空港行きのバスに乗るべきところを、間違って関空行きに乗ってしまい、大幅に遅刻しまして(アホ)

13:10分迄に保安検査場を通ってないといけないのに、空港についたのが13時2分だったんですね。

 

まぁ、ギリ間に合うと思うじゃないですか?

 

走るじゃないですか?

 

間違えてJALの方に行っちゃうじゃないですか?(アホ2連チャン)

 

和田「あ、やべ。逆や。恥を捨てよう。」

 

と思って50mダッシュ並みにダッシュして、ANAの手荷物預り所的なところに行くじゃないですか?(迷惑極まりない)

 

で、なんとか13時5分の時点で手荷物預り所のお姉さんに我がキャリー(女みたいだな)を預けれたんですけど

 

そのあとの展開がこちら。

 

 

お姉さん「・・・・あ、少々お待ちくださいませ。」

 

和田「(なになに。待っている間に時間来るんですけどー。)」

 

お姉さん「ガチャ(電話を取る)あ、○○さん?○○便の○○(番号)のお客様がいらしたのですが・・・はい。はい。分かりました。」

 

和田「(ドキドキ)」

 

お姉さん「大変申し訳ないのですが、既に手荷物のお預かりは締め切らせていただいてまして。。」

 

和田「え?あ、、そうですか。。(落ち込みまくって半泣き)」

 

お姉さん「・・・カタカタ・・・・あの、○○さん・・」

 

お姉さんの上司「・・・キャンセルした方がいいわね。」

 

お姉さん「はい。・・・カタカタ・・・カタカタ・・・」

 

 

2分くらい無言で佇む和田。

 

 

お姉さん「カタカタ・・・・カタ・・・大変お待たせ致しました。和田様。次の便でしたら空きがございますが、いかがいたしましょうか?」

 

和田「あ、じゃあそれでお願いします。ありがとうございます。(半泣き)」

 

お姉さん「同じ窓側のお席で宜しいでしょうか?」

 

和田「はい!ありがとうございます。(半々泣き)」

 

お姉さん「そうしましたら、こちらが次の便の航空券になります。大変申し訳ありません。」

 

和田「いえ、お手数おかけしてすみません。ありがとうございます。(治った)」

 

 

というわけで手荷物を預けられる時間が終了していたらしく

無事に乗り遅れ、しかしながらお姉さんに次の便を取っていただき、なんとか次の便で高知に行ってきたとさ。(Yさん遅刻してすみません!)

 

皆さんももう大人なんだからタイムマネージメントはしっかりしないとですね!(お前が言うな)

 

 

で、なんとか高知にはその日の夕方に行くことができ

その日の昼間に面談予定だったYさんには翌日の昼に面談時間を変更していただき(すみません。。)

 

路面電車に揺られて宿泊先の旅館に向かい、旅館に着き(この様子はFBに乗せてます)

 

20時からコミュニティメンバーの面談があったり、いろいろお仕事があったので

「あ、これ飯食いに行く時間ねぇ」って早々に察してルームサービスを頼んだんです。(旅館内のレストランは予約者じゃないと利用できない)

 

で、まぁせっかく高知に来たわけですし、、「鰹の塩タタキ」頼むじゃないですか?

 

んで、さすがにタタキだけでは足りないので、他の料理もちょこちょこ頼むじゃないですか?

 

で、、待ったんですよ。30分くらい。

 

そしたら来たんですよ。料理。

 

っていうか僕の部屋の担当スタッフが来たんですね。部屋に。

 

和田「(いや担当なんていたんかーい!)」

 

って思ったけど、まぁそれはどうでもよくて

若い人も沢山いたのに僕の担当は皆さんのご期待通り・・・

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

おばあちゃん。(なにこの引き)

 

 

 

そう。

 

 

 

 

デジャヴ。

 

 

(このこと)

【神かよ】印象最悪な温泉旅館のおばあちゃんが僕に「また来よう」と思わせた手法

 

 

おばあちゃん「お料理は奥のテーブルで宜しいでしょうか?^^にこにこ」

 

和田「あ、はい!お願いします!(めっちゃ感じのいい人だなぁ)

 

 

料理が乗っているおぼんを持ち上げるおばあちゃん。

 

 

おばあちゃん「よいっしょっと。あはは。お料理じゃなくてお皿が重たいわね笑」

 

和田「あ、大丈夫ですか?良かったら僕が持ち・・」

 

 

和田の言葉を聞き流して瞬殺でテーブルに運ぶおばあちゃん。

 

 

和田「(な!?速い!全く見えなかった。←)」

 

おばあちゃん「っしょ。さぁさぁ。お料理は鰹のタタキ、土佐ジローの卵焼き、しらす的なやつ(名前忘れた)、鉄火巻きで宜しいですか?^^」

 

和田「あ、はい!揃ってます!」

 

おばあちゃん「それじゃあごゆっくり召し上がってくださいね」

 

和田「はい!ありがとうございます!」

 

 

 

という感じで、一先ずおばあちゃんは部屋を出ていきました。

 

で、僕ほんとお腹空いていたので
おばあちゃんが出ていくなりすぐにテーブルの前に座って

ちゃんと「いただきます」って独り言を言ってから、真っ先にカツオを口に運んだんですね。

 

 

んで

 

 

和田「(く~~~この食感たまらん!THE・魚って感じや!)」

 

って超幸せな気分になったので

自慢してやろうと、食レポ動画撮って友人に嫌がらせのLINE送ったんですよ。

 

そしたらその数秒後。。

 

 

和田「(・・・え、なに。このニオイ。え、なになに。。つかマッズ!!やば!!)」

 

 

カツオが僕を襲ったのです。

 

 

カツオの襲来

 

完全なる時間差攻撃。

 

おそらく一度俺を持ち上げて舞い上がっているところを、一気にタタキ落として反応を楽しんでやろうという魂胆だろう。(タタキだけに、な。)

 

 

和田「(ちょまて。しゃれにならん。こんなん人生で初めてやぞ。いやでもありえん。高知のカツオは香川のうどんってことだろ。マズイわけが・・」

 

 

困惑する和田。

 

 

すぐに数秒前まで嫌がらせしていた友人にLINEでヘルプを送る。

 

 

和田「なぁ、さっき食ってたカツオがほんっまにニオイやばくて、後からすごい味してきたんやけど、なんでやと思う?」

 

友人「んー。新鮮だからじゃない?新鮮な魚ほど臭くて、時間おいてる魚ほどニオイないからな。で、新鮮は別に美味しいってわけじゃない。(後でこの発言がブラフであることを知る)」

 

和田「そうなんか。。いやでもたまたまかもしれんし、もう一個食ってみる」

 

 

計3切れあるタタキの2切れ目をおそるおそる口に運ぶ和田。

 

 

(いやいやいやいや。まずいまずいまずい。無理。こんなの美味いって感じるやつおらんだろ。ありえん。絶対に何かがおかしい。口の中をリセットしようと必死にだし巻きだの、しらすのなんかよく分からんやつだのを口にタタキ込んでも、タタキが強すぎてまったく調和されないなんて。。(美味いこと言った))

 

 

 

和田「・・・俺分かったわ。日本人ってイタリアの食事美味しく感じんって言うやん?あれと同じで香川と大阪のハーフである俺には高知国の食べ物が合わんのやと思う。。」

 

友人「んー。まぁそれもあるかもな。余したら?」

 

和田「・・・いやでも。。」

 

友人「?」

 

和田「俺の部屋の担当・・・おばあちゃんやねん。あの人が作ったんじゃないだろうけど、、たぶん残すのはおばあちゃんを傷つける気がする」

 

友人「いやいや、大丈夫やろ。笑」

 

和田「んーーー。。。」

 

 

結論が出ないままカツオのニオイと後味のせいで体調が悪くなりベッドにうつ伏せになる和田。

 

 

(どうして食べてしまったんだろう。)

 

 

(異国の飯を何も考えずに食すなんて注意力が散漫すぎた。。)

 

 

 

後悔の念が止まらない。

 

 

今思えば飛行機に乗り遅れた時からずっとそうだ。

 

俺はきっと調子に乗っていたのだ。

 

俺ならバスなんて乗り間違えない。

 

俺なら異国の地で異国の食べ物なんて食べない。

 

そんな思い上がった考えのせいで俺は今窮地に立たされている。

 

だが、いつまでも落ち込んでいるわけにはいかない。

 

自分の弱さを受け入れて、成長するんだ。

無事国に戻れたら・・・またゼロから始めよう。

 

※注意※
高知も大阪も同じ国です。

 

 

そんなことを考えていたらスカイプ面談の時間に。

 

気持ちを切り替えて軽快なリズムでOさんにコールする。

 

 

和田「・・・あ、こんばんは~!Oさんご無沙汰しております!最近どんな感じですか?^^」

 

Oさん「あ、お久しぶりです!覚えてくださってたんですね!ほにゃらら・・・」

 

(よし。出だしはまずまずだ。まだOさんには勘付かれていない。

大の大人が鰹のタタキで死にかけていることなんて恥ずかしくて絶対に知られたくない。勘付かれてたまるものか。)

 

 

プルルルルル

 

 

プルルルルル

 

 

和田「あ。」

 

Oさん「?」

 

 

プルルルルル

 

プルルルルル

 

和田「(やばいやばいやばい。絶対におばあちゃんだ。もうお食事は済みましたか?お皿取りに行ってもいいですか?的な電話だ。間違いない。くっそ。。なんでよりにもよって面談中にかかってくるんだ。これではおばあちゃんに俺が「あ、すみません。タタキ余しちゃいました」みたいなことを言ってる声がOさんい筒抜けじゃないか..!!・・・こうなったらもう、開き直るしかない。打ち明けよう。恥を。きっとOさんなら理解してくれるはず。)」

 

 

和田「あ、すみません。ちょっと電話出てもいいですか?」

 

Oさん「全然大丈夫ですよー!」

 

 

ガチャ

 

 

和田「あ、もしもし?」

 

おばあちゃん「あ、和田様ですか?お食事お済みなようでしたら、食器取りに参りますが。」

 

和田「あ、はい。お願いします!」

 

 

ガチャ

 

 

和田「あ、えっとー。Oさん。今僕旅館にいるんですが、ルームサービスのお皿取りにおばあちゃんが来るので、一瞬離れても大丈夫です?」

 

Oさん「そうなんですね!大丈夫です!」

 

和田「いやー。せっかく高知に来たので鰹のタタキを食べたのですが、もうめちゃくちゃニオイがきつくてですねw余しちゃっておばあちゃんに申し訳ないです笑」

 

Oさん「えー。そうなんですね!(どうでもいいわアホ)」

 

 

 

失態を犯した俺を寒暖な心でさらっと流してくださるOさんに感激していると

ついに最終決戦のベルが鳴る。

 

 

 

ピーーーンポーーーン

 

 

 

 

・・・・おばあちゃんだ。

 

 

和田「はーい!」

 

 

僕は扉を開けて笑顔のおばあちゃんを迎い入れる。

 

 

おばあちゃん「ご満足いただけましたか?^^にこにこ」

 

 

あと10秒・・・いや5秒後にはこの笑顔は失われてしまうのだと思うと

とてつもない痛みが胸を襲う。

 

 

おばあちゃん「それじゃあお食事お下げしますね。・・・あら。こちら(鰹のタタキ)はもう宜しいのですか?」

 

和田「あ、はい!大丈夫です。お腹いっぱいで笑(頼む頼む頼む落ち込まないで。悲しまないで。そして怒らないで。)」

 

おばあちゃん「はーい。それじゃあお下げしますね^^ごゆっくりどうぞ。」

 

 

 

 

・・・・え?

 

 

 

笑顔のまま・・・・・・だと?

 

 

 

そんな・・・・・・・・俺は・・・俺は・・・

 

彼女を笑顔を奪ってしまい兼ねない最低なことをしたのに・・・怒りもしないのか?

 

 

・・・もしかして慣れているのか?

 

これまでに幾度となくこんな苦痛に耐えてきたとでもいうのか?

 

 

こんな・・・こんな・・状況でも笑顔だなんて。。

 

 

 

 

これが土佐の人間の力か。

 

 

 

いや、、これが土佐のおばあちゃんの力…?

 

 

 

 

食器を玄関まで下げ、扉を締めながら「ごゆっくり~」と言うおばあちゃんに軽く会釈をしながら俺はこう思った。

 

 

 

「また来よう。」と。

 

 

・・・っていう話です

 

はい。っていうのが7月31日の話なのですが(雑か!)

 

翌日、高知にお住まいのコンサル生にこのことを話したら

面談後、ご丁寧に旅館の近くにあるオススメのご飯屋さんを紹介してくれたんですね。

 

で、はりまや橋近くのお寿司屋さん的なところに行って

鰹の塩タタキをリベンジしたんですけど、全然美味しかったとさ。笑

 

んで、コンサル生曰く、新鮮なお魚の方が臭みないんだってさ。

 

てかこの翌日(2日)に香川の回らないお寿司屋さんに行った時、店主にも教えてもらったのですが

寝かした魚の方が臭くて新鮮なやつの方がニオイしないんだってさ。笑

 

やっぱ旅館内の料亭でもなくただのルームサービスだったから

たまたま鮮度悪いやつに当たっちゃっただけですね。苦笑

 

 

「高知の鰹のタタキはとにかくニオイがすごい!」

 

っていう間違った話をせずに済んでよかったですw(高知県の方に怒られてしまう)

 

というわけで今日はただ僕が飛行機遅刻した話と、高知の鰹食べたお話でした~。笑

 

 

ちなみに僕は元々鰹のタタキ大好きだし
青魚も食べれるタイプっす。

あれほんと・・・なんだったんだろう。(怪奇現象

 

この記事を読んだ方にはこちらの記事もオススメです!

 

【神かよ】印象最悪な温泉旅館のおばあちゃんが僕に「また来よう」と思わせた手法

最短で月収30万突破するBUYMA輸入マニュアル(PDF100ページ以上+動画+音声)を無料で配布しています。

どうも!和田です。

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために

  1. 魅力的なアカウントの作成方法
  2. お客様に選んでいただける出品ページの作成方法
  3. 数万円以上の利益が取れるリサーチ方法5選
  4. BUYMAトップバイヤー達の仕入れ方その全て
  5. 和田がオススメする優良サイト集

などなど、お悩みを解決するための知恵を1冊の教科書にまとめました。

完全無料で配布してますので、まずはこちらの教科書で学んでいただければ幸いです。

BUYMAマガジン画像2

参入後たった1年で2000万円の利益を生んだ
僕の情報発信戦略をあなたに

あなたはブログを書いてもなかなか濃いファンができず、マネタイズに繋がらないと悩んでいませんか?

あるいは、そもそもブログの書き方や、SNS集客に悩んでいませんか?

そんなあなたのために

  1. 好きなことをビジネスにする方法(ピアノ、恋愛、ダンス、ライティング、料理など)
  2. 自分のメディア(集客媒体)を作る方法(SNS、オウンドメディア)
  3. 最も効率の良いオウンドメディア運営方法は、たった2種類の記事を使い分けるだけ
  4. 情報発信ビジネスの全体像~集客からサービス販売、リピート戦略まで~
  5. 僕が平均月間PV数たった1万PVで年商2000万円を達成した方法
  6. 情報発信ビギナーズオーディオスクール(3本。計62分)

などについて100P以上(約45,000文字)に渡って解説しています。

AXIS画像

この1冊で情報発信・WEB集客の全てをご説明しております。

完全初心者~中級者まで参考になる教科書となっておりますので、是非あなたのビジネスに役立てていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Copyright© 和田直也のブログ , 2018 All Rights Reserved.