Live your own AXIS.

勇気ある「余白」を作ってみる

WRITER
 
margin
この記事を書いている人 - WRITER -
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

こんばんは!和田(@naoya_naniwa)です。

僕は常々、「自分軸で生きよう!」というメッセージを発信しているのですが

これって要するに

「自分が良いな~と感じたライフスタイルを実現しよう!」

ってことでもあります。

今って、好きなように生きててもどこかの誰かには批判される世の中です。

例えば「バリで暮らしてます」って言えば

「あいつはバリに逃げた」とか
「あいつは海外で遊んでる」とか
「バリなんて全然羨ましくもない!キーっ!」

ってわざわざ言う人が出てくるわけです。

 

もうちょっと日常的な内容だと

「私は結婚しない」

と言えば、結婚をどうしても肯定したい勢力から反発があるし

「僕は起業してお金を稼ぐ!」

と言えば、お金稼ぎなんていやらしい!
と叩く勢力が出てきます。

でも、そんなのに左右されてたらいつまで経っても、どんな選択であっても

「自分軸で生きる」

ということは叶わないわけです。

 

だから、自分軸で生きるというのは
「それだけの強さを持つ」ということにもなるんですね。

※語弊の無いように言いますが自分軸で生きるのと
自己中心的に生きるのは違いますよ。

 

で、そんなメッセージを発信している僕にも
勿論、理想とするライフスタイルがあるのですが

なぜかここ数年、

「和田さんってずっと仕事してる印象です」

って言われることが多いんです。

いや、なぜかというかほぼ間違いなく僕がプライベートの発信を
あまりしてないからだと思うのですが笑

僕にも「仕事以外のことをやっている時間」というのはあります。(人間だもの)

例えばここ数年は毎日5~10時間くらい仕事してますが

1日24時間で、睡眠が6時間とすると

仮に毎日10時間働いていたとしても
あと8時間くらいは、余白があるわけです。

 

この8時間で僕は妻と食事をしたり散歩をしたり、ジムに行ったり、

スーパーで買い物をしたり、読書をしたり、カフェで休憩したりしています。

月に数回は外食もしますし時々妻と遠出をして
ホテルでゆっくり過ごすこともあります。

去年はそれで宮崎と奈良と京都に行きました。

 

勿論、365日永遠と仕事だけをするのも一時的にはアリだと思うし、

そういうライフスタイルが望みながらそれでも良いとは思うのですが

僕は、

「一体なんのための仕事なのか?」

と考えた時に

「理想のライフスタイルを送るため」

というキーワードが出てくるタイプです。

 

勿論、「成長欲求」や「自己実現欲求」を満たすためというのもあります。

社会の役に立ちたいとか、使命を全うしたいという気持ちもあります。

でも、そういう「世のため人のため」を想う気持ちだって
自分のライフスタイルが充実していることが前提だと思うんですよね。

 

だから僕は、仕事とそれ以外のことのバランスにはかなり気をつけています。

一時的に、どちらかに傾くのは仕方ない。

例えば家族に何か問題が起こった時とか、子育てとか。

仕事がうまくいってない時期とか。

一方にエネルギーを集中させるべきタイミングもあると思います。

でも、それでもなるべく早くバランスは取り戻すべきだし、
それが人生の一つのテーマでもあると思うんですね。

 

ただ、僕がこう思えるようになったのはここ数年のことで

ほんの少し前までは完全に「仕事だけ」に振り切っていました。

2015~2018年ぐらいのことです。

あの頃は借金1000万円を返済した直後ということもあって

「絶対にあの地獄に戻ってたまるか」という
反骨精神というか、ネガティブなエネルギーが強かった。

だから遊びになんて行かなかったし、
恋愛も全くしてなかったし、
旅行なんてもってのほか。

本当に毎日毎日、永遠と仕事をしていました。

でも、そんな日々を数年過ごして年収が数千万円になった頃に
はっとしたんです。

「俺、すごくつまらない人間になってしまってる。。」

普段はビジネスをやっているメンバーとコミュニティでビジネスの話ばかりしているので
全然意識しなかったのですが

いざ、仕事以外の世界に触れると僕は全く世間のことが分かっていなかったんです。

 

実際の例をいうと

当時の彼女(今の妻)やその姉妹(三姉妹です)と話している時に

みんなはもっと趣味とか、
仕事以外のことにも興味があって

・どこどこのお店のランチが美味しい とか

・〇〇っていうドラマが面白かった とか

そういう他愛のない話をしているのに、
僕は全然ついていけなくて

それだけならまだしも、僕は

”仕事以外何もない自分”

を肯定するために

「(いや、そんなの見ても自己成長に繋がらんだろ)」

って思ってしまっていたのです。

(勿論、思うだけで口にはしてませんがきっと表情には出ていたと思います。。)

そんな自分の気持ちに気づいた時に

『もっとライフスタイルを充実させないと』

思いました。

”仕事へ逃げる”というのを辞めることにしたのです。

そこで、普段一人では絶対にやらないことを色々やってみました。

 

例えば、当時の僕は目的もなくカフェに入ったり、

パソコンも持たずに出かけるなんて凄く嫌だったんですけど
そういうのもやってみました。

いまでこそ言えますが最初は僕が仕事のことばかり気にしているので

妻(当時は彼女)に気を遣わせてばかりで、
かえって互いにストレスになることも多々ありました。

 

でも、数をこなしていくとだんだんと「こういう生き方をしてもいいんだ」
と思えるようになっていったのです。

これってフリーランスあるあるだと思うんですけど
「休んじゃダメな感」ってありますよね。

別に誰かに見張られているわけじゃないんですけど

仕事に繋がらないようなことしてるとすごく罪悪感が生まれてくるんです。

 

でも、そんな状態を一生続けるわけにもいきません。

なのでいろんな国に行ったり、カフェや、図書館や、公園でゆっくり過ごしたり

学生時代ぶりにUSJやディズニーランドにも行きました。

やがて、一人で散歩することも増えてきました。

以前までは「怖くてできなかったこと」が自然とできるようになっていったのです。

そしてある日、何気なくタスク整理をしていると

午前中、外出していたはずなのに夕方には1日のタスクが
全て終わっている時があったんです。

前までは深夜までかかっていたことがまだ太陽が見える時間帯に終わっていることに
めちゃくちゃ感動したのを覚えています。

その時、

「ああ、自分はエネルギーが漏れていたんだな」

と感じました。

休憩も入れずに、だらだらと深夜まで仕事をしている内に

身体中のエネルギーが抜けてむしろ作業効率が悪くなってしまっていたわけです。

 

冒頭にもお話しした通り、
今僕は1日5~10時間ぐらい働いてますが

それでもたぶん、数年前の2~3倍の仕事量はこなせていると思います。

そして精神的な圧迫感というか、罪悪感みたいなものも減りました。

休む時は休む。やる時はやる。

学生時代、先生に教わったようなことが
30手前にして、やっと大切だと思えるようになったのです。

 

だから僕は、
以前の僕のような人に伝えたい。

 

ただ行動量を増やせば二倍三倍の成果が出るわけでもありません。

勿論、そういうタイミングもありますが

「既に圧倒的に行動しているのに成長が鈍化してきている。。」

のであれば、むしろ「余白」を作ってほしいなと思います。

一旦、ペンを置いてみるのです。
(かっこよく言いましたが、僕らの場合パソコンですね)

そして散歩にでも出掛けてみてください。

すると

「こんなことしている場合じゃないのに」

って言葉が頭の中に現れると思いますが、焦らないで。

焦ると視野が狭くなってますますアイデアが出てこなくなったり、
仕事の質が落ちます。

「投下した時間=努力」というルールから抜け出しましょう。

「短時間で成果を出す思考=努力」にしてみてください。

 

僕は、もしも仕事でカツカツだったあの頃の自分に一言伝えられるのなら
こう言いたいです。

「生き急ぐな。

深呼吸して静寂の中、ルーティンをこなそう。

休息を取れ。安心して本も読め。

おじいちゃん、おばあちゃんがやっているようなことを
今、20代のうちからやっとこう。

それが一番遠くに行ける方法だから。」

(・・・全然一言じゃないw)

勇気ある「余白」を。

ではでは。

 

関連記事:最近、僕が一番反省したことを。。

関連記事:他の全てが不要になるような、たった一つのことを。

最短で月収30万突破するBUYMA輸入マニュアル(PDF100ページ以上+動画+音声)を無料で配布しています。

どうも!和田です。

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために

  1. 魅力的なアカウントの作成方法
  2. お客様に選んでいただける出品ページの作成方法
  3. 数万円以上の利益が取れるリサーチ方法5選
  4. BUYMAトップバイヤー達の仕入れ方その全て
  5. 和田がオススメする優良サイト集

などなど、お悩みを解決するための知恵を1冊の教科書にまとめました。

完全無料で配布してますので、まずはこちらの教科書で学んでいただければ幸いです。

参入後たった1年で2000万円の利益を生んだ
僕の情報発信戦略をあなたに

あなたはブログを書いてもなかなか濃いファンができず、マネタイズに繋がらないと悩んでいませんか?

あるいは、そもそもブログの書き方や、SNS集客に悩んでいませんか?

そんなあなたのために

  1. 好きなことをビジネスにする方法(ピアノ、恋愛、ダンス、ライティング、料理など)
  2. 自分のメディア(集客媒体)を作る方法(SNS、オウンドメディア)
  3. 最も効率の良いオウンドメディア運営方法は、たった2種類の記事を使い分けるだけ
  4. 情報発信ビジネスの全体像~集客からサービス販売、リピート戦略まで~
  5. 僕が平均月間PV数たった1万PVで年商2000万円を達成した方法
  6. 情報発信ビギナーズオーディオスクール(3本。計62分)

などについて100P以上(約45,000文字)に渡って解説しています。

この1冊で情報発信・WEB集客の全てをご説明しております。

完全初心者~中級者まで参考になる教科書となっておりますので、是非あなたのビジネスに役立てていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Copyright© 和田直也の公式ブログ , 2022 All Rights Reserved.