Live your own AXIS.

光と闇の融合

WRITER
 
光と闇
この記事を書いている人 - WRITER -
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

この記事は2021年2月23日発行メルマガの転載です。

 

こんばんは!和田(@naoya_naniwa)です。

今日は「光と闇の融合」について少しお話したいなと思うのですが

最近AXISメンバーの商品コンセプトやプロフィールを添削している時に
「この時期の話がものすごくいいから、
物語のど真ん中に置こう」

ってなることが多いんですけど
こういうのって大抵、【絶望期】だったりします。

 

どうしてかというと

その絶望期を乗り越えるためにもがいて、
その結果得たものが「その人のコア」になっていることが多いからです。
(だから切っても切り離せないのです。)
例えば僕の場合、
・21歳で借金1000万円
・奨学金まで借りて通った専門を中退
・ア○ムやプ○ミスにお世話になり続ける日々・生活費と借金を返済するために
大嫌いなパ○ンコ店に朝一から通う日々

・親や友人に本当のことを隠してた日々

・やりたいことが無く、好きなことも無く、
ただ稼ぐためだけにBUYMAをやってた日々

・稼げてないし借金もあるのに
また借金してコミュニティに参加して
東京勉強会に夜行バスで通ってた日々

 

この辺が絶望期だったのですが、
僕はこの出来事のおかげで

今までの寝てたのかと思うくらい
「生きる」ということにコミットできて

自分の弱さに向き合えて、人よりちょっぴり得意なことや、
「心躍る幸せな瞬間」にも気づくことができました。

そうして今の活動の源泉である

「誰もが自分の軸を持ち、それがどんなものであっても守れるように
スキルを伝えていきたい。
そのための環境を整えていきたい。」

という想いに気付くことができたんですね。

 

だから僕にとってあの頃の絶望期は本当に大切な
人生のワンシーンで
これを語らずに僕の理念を発信することはできないわけです。

 

こんな感じで、本気でビジネスをやるなら、
心の底から「これを広めたい!!」というものを
ビジネスにしていくなら「絶望期の話」はすべきです。

 

もちろん、言いたくないことは誰しもあるので
全部が全部話す必要はありませんが

その後の自分の人生が変わった
「きっかけ」となったシーンだけでも
発信はしていった方がいいです。

 

で、こんな話をすると

「自分の闇を晒すなんてカッコ悪い!!」

と言う方がたまにいるのですが

「いや、ボコボコにやられて
傷だらけになりながらも光を見つけて

その光を胸の奥で輝かせながら

自分のため、家族のため、
コミュニティのため、業界のために
働いている人の方がよっぽどカッコよくない?」

 

と僕は思うし、なんだったら

光と闇の融合こそ最強

 

だと思うんですね。

 

光だけだと闇を理解できない
闇だけだと、人に貢献することもできませんから。

 

それに、闇って実は物凄いパワーを持っています。

例えば、ネット起業家によくあるのが
幼少期のトラウマや劣等感が糧となって
「闇のパワー」で一気に結果を出していくルートです。

 

よくあるのが承認欲求。

親や友人や元恋人を見返したくて
その気持ち一新で突っ走ってしまうのです。

で、それだけでもう結果が出ちゃうのです。
(それだけ「闇の力」には勢いがあります。)

勿論、それだけでは続かないんですけど。。

ある程度満たされた時に
「なんのために頑張っていたんだろう」と
今までやってきたことに疑問を持つようになったり、
自分の仕事に自信を持てなくなったりしますし、

基本的に、そういう人の元には
同じく「闇の力」で動いている人達が集まるので
自分の周りの人達を冷静に見た時に
「はっ」として、距離を取るようになります。

 

中にはそのまま

「いやいやこれでいいんだ。
何も考えずにただ稼げばいいんだ!
仕事なんてそんなものだ!
自分以外の誰がどうなっても関係ない!」

というルートに進んじゃう人もいるんですけど
(これをダークサイド(闇堕ち)といいます。)

多くの人には「光」の要素が残っているので
自分の意思で環境を変えていけば
「光と闇」を統合した存在になることができるのです。

 

そしてそうなると今度は闇の部分が強かった時期よりも
何倍も多くの人の人生を変えられるようになります。
(だから一時的に闇が強くなってしまっても
そこからまたストーリーを進めることはできます。)

 

・・・ってこのままだと
話が色々逸れていきそうなのでまとめると

苦しんで、もがいて、
それでも光を見出して進んだ時期の話って

過去の自分のような人にとって人生が変わるきっかけになるほどの
話だったりするので

情報発信者・リーダーの方は

どうやって闇を乗り越えてきたのか、何があって今の活動理念に行き着いたのかは
積極的に発信していってほしいなと思います。

それでは、また!

 

関連記事:全身に何百の武器を仕込んでも、腹にくくった一本の槍にゃ…

関連記事:【夜行バスとカプセルホテル】苦しい時期を楽しむ力

BUYMAで月収20万円以上の在宅アパレルバイヤーになるための無料オンライン講座をはじめました

あなたは毎日コツコツと出品しているのに、思うように売上が上がらない、ライバルに勝てる仕入先が見つからないとお悩みではありませんか?

そんなあなたのために、最高の無料講座を作りました。
今だけ限定で豪華特典もプレゼントしています。

✅0から月10万円を達成するBUYMAリサーチ方法(音声:11分51秒)

✅BUYMAで月商400万円を売り上げる具体的なステップ(音声:22分57秒)

✅BUYMA質問回答音声5選(音声:81分)

✅韓国旅行をしながら旅費以上をペイする3ステップ(音声:8分27秒)

是非、最新の講義を受け取ってスキルアップしていってください!

この記事を書いている人 - WRITER -
インターネットを活用した物販ビジネス、及びSNS集客・MEDIA運営のプロフェッショナルであり、ビジネスブログ「WORLD BUYERS SHOP」を一人で運営しているメンズ。趣味はダンス。踊る時の表情が豊か過ぎてみんなに「顔で踊ってるだろ」と言われること6年。”誰もが自分軸で生きやすい世界に。”という理念で講演活動を行う真面目な側面もある。旅好き。

Copyright© 和田直也の公式ブログ , 2024 All Rights Reserved.